"> ');

アニメ星のカービィのおすすめ神回7選!デデデの名言は?

ついにブルーレイBOXの発売も決定しましたアニメ「星のカービィ」
1992年にゲームボーイソフトとして発売以来、30周年の今年まで人気が続いているのもすごいですね!
人気の要因はゲームの存在もさることながら2001年から2003年にわたって放送されたアニメの影響も大きいかと思います!(あとは小学館の学年誌やコロコロコミックでのマンガもですね)
子供向けにしては少々過激な内容もあったりと、ゲームやコミックとはまた別の魅力があったアニメでした。

当時の小学生をトリコにしたアニメ「星のカービィ」にどんな神回があったのか独断と偏見の7選です!

アニメ「星のカービィ」おすすめ神回は?

お話の展開としてはカービィの宿敵(?)デデデ大王がいろんな手を使ってカービィを倒そうと画策するも、カービィのコピー能力によって返り討ちされる…というお約束ストーリーが1話完結型で進みます。
一見低年齢層向けアニメに見えますが、中には感動ストーリーや明らかに大人向けのパロディやシリアスな内容の回も存在しています。ここでは当時子供として楽しんでいた方が大人になった今でも十分楽しめる神回をご紹介します!

〇第15話「誕生?カービィのおとうと?」
「星の戦士」たるカービィを早く成長させるため、「弟」の存在を提案するフーム。弟としてロボット犬がカービィの後ろをついて回るうち、カービィもロボット犬に愛着がわき仲良くなるが、デデデ大王がその様子に興味を持ち…

カービィの無垢さ・優しさが全開の回。最後の回想シーンあたりはリアルタイムに見ていた子供時代より年齢を重ねた現在の方が涙無くしては見られないかも?
デデデの名(迷)台詞:「このワシをなぁめるつもりかぁ〜?」

〇第20話「さよなら、雪だるまチリー」
デデデ大王が召喚したアイスドラゴンにより南国のプププランドに初めての大雪が降る。さっそく雪を楽しむカービィ達は雪だるまの「チリ―」に出会い仲良くなるが…。

名前の通り別れがテーマの王道感動回。チリ―との出会いと別れはかのドラえもんの名作「台風のフー子」っぽさも?
デデデの名(迷)台詞:「こうなりゃいつもの手で大自然に挑戦するぞい!」

〇第47話「帰れ、愛しのワドルディ」
デデデ大王が城の兵士ワドルディたちを全員クビにしてしまう!
ワドルディ達に代わってホームヘルパーロボがデデデ大王の世話をするが、実は裏があり…

デデデ大王に追い出されながらも、城の異変に気付いて戻ってくるワドルディ達が健気で愛おしい回。最後のカービィと一緒のダンスも微笑ましい!
デデデの名(迷)台詞:「よくもワシの可愛いワドルディちゃんたちを追い出したな!」

〇第60話「宝剣ギャラクシア!」
ある夜、宇宙艇が舞い降り中から現れた少女は母の仇メタナイト卿に攻撃をしかける。
宝剣ギャラクシアはかつてメタナイト卿が共に戦った彼女の母を犠牲にして手に入れたものというが…。

アニメカービィにおいて数少ないシリアスな回。白熱の戦闘シーンや演出が熱く、特に最後にシリカが宝剣ギャラクシアを手に取る場面は圧巻の名シーン!
デデデの名(迷)台詞:「蛇の道はアスファルトゾイ」

※メタナイトはゲームよりアニメで知名度があがったキャラクターで、ゲームボーイアドバンス用ゲームソフト「星のカービィ 鏡の大迷宮」以降レギュラーキャラになりました。
また彼が持つ剣「ギャラクシア」の名前は後にWii用ゲームソフト「大乱闘スマッシュブラザーズX」の技名に採用されています。

〇第67話「魔獣教師2」
デデデ大王が学校を設立。ただやってきた生徒3人は問題児ばかり。授業の邪魔をしては教師であるフームに濡れ衣を着せ彼をクビに。その後もさらに大暴れする3人にもはや学級崩壊かという時現れたのは…?

教師になったフームの熱血先生ぶりもよいですね。人気だったのか魔獣教師シリーズは3回も放送されています。(第58話・第67話・第83話)
当時既に話題になっていたモンスターペアレント問題などを盛り込んだ社会風刺の効いた回です。
デデデの名(迷)台詞:「ゆとり教育の時代、気の毒なのは規則に縛られる生徒ぞい」

〇第88話「はだかのエスカルゴン」
エスカルゴンの殼の中を見たいデデデ大王の好奇心により殻を割られてしまうエスカルゴン。追い回すデデデ大王から逃げながら代わりの殻探しに奔走。新しい殻を手に入れ大喜びのエスカルゴンだったが…?

ハイテンションなギャグ回。
それに伴いデデデの台詞も「愉快なサザエさんだったかぞい?」「中に入れるぞい!なかなかぞい!」「お前のそれもカラカ=ゾーイ」など名言(迷言?)多数。
大人になってから聞くと意味がわかるかもしれませんね…(笑)

〇第93話「カービィ感謝の日!」
「カービィ憎悪の日」を制定してカービィに嫌がらせをしようとするデデデ大王。
しかしその時、カービィ死去の報が届く…!?

デデデ大王をこらしめるためみんなでカービィのお葬式偽装をするのですが、その時のデデデの反応が涙を誘います。デデデ大王はなんだかんだでやっぱりカービィが好きなんだとわかる微笑ましい回。
デデデの名(迷)台詞:「わしにはお前という敵が必要だったぞい。生きてて良かったぞい」

アニメ星のカービィの狂気回4選!ブルーレイBOXに収録可能?

アニメ「星のカービィ」概要

タイトル 星のカービィ
放送日 2001年10月6日~2003年9月27日
放送時間 毎週土曜 7:30~8:00(テレビ高知の毎週水曜16:25~16:55)
話数 全100話
放送局 中部日本放送・TBS系列
原案 桜井政博(ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」ディレクションなど)
監督 日下部光雄(「ウルトラマンカンパニー」監督など)
キャラクターデザイン 島袋美由紀(「ハクション大魔王2020」作画監督など)
シリーズ構成 吉川惣司(「装甲騎兵ボトムズ」脚本など)
アニメーション制作 スタジオ・ザイン

2022年に30周年を迎えた人気ゲームシリーズ「星のカービィ」シリーズを原作にしたアニメーション作品です。
ただし、ゲーム版とはキャラクターの設定や性格が変更されていたり、アニメオリジナルのキャラクターが登場したりとゲームと違う部分も多いのが特徴です。

子供向けと思いきや過激な部分もあったりと、当時の子供に大きな影響を与えた作品です。また感動・シリアス・癒し・ギャグと充実の内容なので大人になった今でも楽しめるのではないでしょうか?

そして長らく切望されておりましたブルーレイBOXの発売が決定されました!
購入された方は上記の神回をご堪能ください~!

ブルーレイBOX発売日・価格などについてはこちら

アニメ星のカービィブルーレイBOXの発売日は?価格予想も!

まとめ

・アニメ「星のカービィ」おすすめ神回は?
第15話「誕生?カービィのおとうと?」 カービィの優しさ!
第20話「さよなら、雪だるまチリー」 泣ける!
第47話「帰れ、愛しのワドルディ」 ワドルディが愛しい!
第60話「宝剣ギャラクシア!」 シリアス!
第67話「魔獣教師2」 フーム見せ場の風刺回!
第88話「はだかのエスカルゴン」 ハイテンションギャグ!
第93話「カービィ感謝の日!」 憎めないデデデ!

・アニメ「星のカービィ」概要
タイトル 星のカービィ
放送日 2001年10月6日~2003年9月27日
話数 全100話
監督 日下部光雄
今冬にブルーレイBOX発売!

「星のカービィ64」のコピー能力で最強は?最弱・番外編も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です